糖尿病の症状を理解する|医療機関でヘルスケア

看護師

生活習慣から生じる病気

腕組する男女

糖質は人間の活動を維持していく中で大切な栄養素です。糖質は消化されてブドウ糖に変換され、血液中から全身の細胞に取り込まれてエネルギー源となるのです。糖質の補充は炭水化物から行われます。結果血糖値が高くなり全身の細胞へめぐるのです。通常の場合には、血糖値はホルモンバランスによりコントロールされており、一定の範囲内になっており、急激に変化することはほとんどありません。このブドウ糖が有効に作用せずに血糖値が異常に高くなっている状態が糖尿病です。糖尿病は、インスリンを作る膵臓の細胞が壊されることでなる場合と、インスリンの分泌が少なくなることで発症する場合があります。さらに遺伝や、他の病気の薬剤の副作用によって生じる場合もあります。

糖尿病の症状は、尿の量が多くなる、のどが渇いて水分がほしくなる、体重が減る、疲れやすくなるなどの症状があります。あまり症状が重症でないために糖尿病が軽症の場合には、自覚症状に気づかないことも多く知らぬ間に悪化させることもあるため気を付ける必要があります。水分をたくさん補充するために尿の量が多くなり、尿の量が多く水分が少なくなるため、水分を補充したくなるというように悪循環することも多く、トイレに頻繁に通うようになります。また尿で体の成分が失われるためにエネルギー源としてたんぱく質や脂肪が燃焼されるようになり体重が減少します。そしてエネルギー不足により日常的に疲れやすくなるのです。治療には食事や運動、薬物などを使用します。