糖尿病の症状を理解する|医療機関でヘルスケア

看護師

ごはんより肥満が駄目です

病院

ごはんは敵ではありません

一度発症したら完治が難しい糖尿病の予防としては、血糖値を上げないことが挙げられます。そのため、炭水化物の過剰摂取を控えることが対策として必要になることが考えられます。そのため、ごはんの摂取を控える人が増えることが考えられます。しかし、ごはんは炭水化物でありながらも血糖値を上げる効果は他の炭水化物よりないとされています。仮にごはんが糖尿病になるほど血糖値を上げるのであればご飯中心の昔の食生活において多くの人に糖尿病患者が生じていたことになります。しかし、そうではありませんでした。したがって、糖尿病イコールご飯を控えることではないことが言えます。つまり、ごはんはほどほどに食べてよいものの、その他の炭水化物を控える必要があることが言えます。

肥満も悪化要因です

今や飽食の時代となり、それに伴い糖尿病患者も増えてきた傾向にあります。特に欧米の食事が取り入れられるようになってきてから糖尿病が増えてきた傾向にあります。そして今後も増えていくことが避けられません。勿論、血糖の過多が糖尿病に繋がるのですが、それに加え肥満であれば肥満細胞がさらに糖尿病を進行させる要因になるとされています。つまり、糖尿病対策には血糖だけでなく、肥満にも気を配る必要があります。したがって、こういった要因から飽食そして欧米の食事の導入によって糖尿病患者が増えやすくなったことが言えます。そのため、もし肥満も気になるようであればカロリー摂取にも気を配る対策が必要となることがここから言えます。