糖尿病の症状を理解する|医療機関でヘルスケア

笑顔の男女

ごはんより肥満が駄目です

病院

効果的な糖尿病対策として血糖値を上げる炭水化物を控えることが挙げられますが、ごはんは他の炭水化物より血糖値が上がりにくい性質があるため、必ずしも減らすべき食品とは言えません。また、肥満も悪化要因になり得、近年飽食化や食事の欧米化が進んだことから糖尿病患者が増えており、今後も増加傾向にあることが考えられます。

詳細へ

生活習慣から生じる病気

腕組する男女

血液中の血糖値が異常に上昇する病気が糖尿病です。水分の補充と尿の量が多くなり、必要なエネルギー源が体外に排出されるため、疲れやすくなったり体重が減少したりします。自覚症状が少なく、気が付くと重症になっているケースも少なくありません。

詳細へ

貴方の身体は大丈夫ですか

看護師

自分の身体をチェック

最近貴方はこのような症状に悩まされてはいませんか。疲れやすい・汗をかいたわけでも無いのにやたらと喉が渇く・尿の量が多い・体重が減少しているなど、一つ一つは大したことでは無いと捉え放置してしまう方がいますが、実はコレは全て「糖尿病」の症状なのです。疲れやすいのは糖尿病による身体のエネルギー不足が原因であり、糖というのは尿として体外に排出される際に水分も同時に出すため尿の量が増え、その結果として脱水症状が起こり喉が渇くのです。また体重減少の原因は糖が尿として排泄されてしまうため代わりにタンパク質や脂肪をエネルギーとして利用するために起こる症状です。 これら4つの症状に心当たりのある方は大至急病院へ行きましょう。糖尿病は早期発見することによりこれらの症状よりも更に恐ろしい合併症を未然に防ぐことが出来ます。

糖質制限などの最新療法

では「糖尿病」だと診断された場合はどのような治療法があるのでしょうか。これまでのイメージでは厳しい食事制限やインスリン注射などかなりハードなものが多くありました。もちろん現在でもこれらの治療が必要な方はいらっしゃいますが糖尿病治療も日々進化し、患者さんの負担がより少ないものが開発されています。 まず食事療法ですがコレは最近ダイエット方法としても注目されている「糖質制限」が有効的です。制限するのは炭水化物(ご飯や麺類)だけで、副菜は自由に食べることが出来るので空腹感を感じることがなく無理なく続けていくことが可能です。 またインスリン注射に代わる方法として注目されているのが「インスリンポンプ」です。超速攻型のインスリンを注入することが出来る小さな装置で24時間の注入が可能であり、量のコントロールも出来るためアクティブな方に特に人気の治療法です。 今後も糖尿病治療は進化を続けていくでしょう。もちろん予防出来ることがベストではありますが、診断されても悲観することなく誠実に治療と向き合うことが改善への一番の近道です。

生活習慣病の最たるもの

診察室

糖尿病は生活習慣病の最たるものです。ストレスや睡眠不足、運動不足、暴飲暴食など生活習慣を乱す行為は生活習慣病の発症のリスクを高めます。そのため定期的に健康診断を受診し、生活習慣病の可能性が高い場合には速やかに改善させる必要があります。

詳細へ